ゴシック ロリータ雑誌

ゴシックロリータファッションを取り上げる専門誌はいくつかあります。
「ゴシックロリータ&パンクブランドBOOK」や「ゴシック&ロリータバイブル」とか「KERAマニアックス」、「ゴスロリ&パンクスタイル ROCOCO」などなど割とありますよね。

また、ゴシックロリータファッションをする男性用の専門誌「KERABOYS(ケラボーイズ)」なんて言うのまで存在したりします。少しビックリしますね〜。

しかし、掲載されているブランドを見てみるとゴシックロリータ専門ブランド以外にもロック系や丸井系、モード系など、いろいろなブランドが登場しているから面白い。

もしかしたら…人気のあるように思うゴシックロリータですが、ゴシックロリータのブランドだけで一冊分を埋めるには多少厳しいところがあるのでしょうか。

続きを読む

ゴシックロリータ手作り

ゴシック ロリータ・スタイルは通常黒や白のコンビネーションじゃ、白いレースで黒、リボンとレースで典型的に飾られた、格好ですよ。

たまにスパイス?でピンクなんかも入るようですが、メインは黒&白ですねっ。スカートは膝長さで、ボリュームを加えるためにクリノリンかペチコートを持ってるかも。

主流の日本の流行は、過剰なニーソックススタイルでストッキングはポピュラーだと思うのです。さらに、ホワイトスカートで黒いタイツは一般的かなぁ。

ブーツも黒が多くて編み上げのしっかりしたものとか、多いように思います〜。さらに、非本質的なビクトリア朝ブラウスかな!

波立たせられたブラウス袖のレースに整えられたブラウスはゴシックロリータに人気があるある。

コーティングは、時々長いレースにフリル付の袖・ハイネックのブラウスと共に、可愛く人気かな。

続きを読む

ゴシックロリータ通販

ゴシックロリータ(通称:ゴスロリ)の服といえば、リボンやレースをふんだんにあしらったふわふわ感が特徴になります。

ゴシックロリータのふわふわ感を子供服にもあしらったものも最近多く見かけます。もしかしたら子供の方が可愛いなんてことも。

袖や首に黒レースをあしらったジャケットに、黒レースふりるの可愛いスカートを合わせた上下セットのものや、

ピンクの大きなリボンに黒チェックを上手に組み合わせたものまで、ゴシックロリータのふわふわを上手にアレンジしたものなど、数多くあります。

ゴシックロリータの特徴と言うと、袖口に大きなレースをあしらい、ふわふわ感を充実させたものが多いようです。

続きを読む

ゴシックロリータワンピース

ゴシックロリータの服の特徴を最も簡単に表しているのは、そのファッション性だと思いますがいかがでしょう。

ゴシックロリータと、その服は特有のファッション感覚こそがこの文化の中核となっているといえます。

この、こだわりがなければゴシックロリータは完成しないものとなるような気がします。ゴシックロリータのファッションの特徴を考えてみると、ロリータ・ファッションに表される事の多い少女・少年を連想させる神秘的空気とピュアな天使や妖精的な要素。

そして…それプラス、ゴシック・ファッションに表される事の多い、倒錯・耽美の悪魔的な美意識が結合した、現代の歪んだ少女趣味をまとった服をゴシックロリータと呼ぶのです。天使と悪魔・黒と白・正と死。

この間逆な発送がゴシックロリータならではの特長ともいえる気がします。

続きを読む

ゴシック ロリータ服

ゴシック・ロリータの特徴を最も分かりやすく表しているのが、ファッションのような気がします。

そのファッション感覚が、ゴシック・ロリータ中核となっているのではないしょうか。このファッションを簡単に言うと、大人の少女服のロリータ・ファッションにゴシック文学等の精神面が注目されることが多いゴシック・ファッションを取り入れた今の日本の象徴的な少女趣味のひとつかと思います。

精神面でのバックボーンはロリィタ的な少女趣味の他に、18世紀ロココのゴシック趣味、19世紀ヴィクトリア朝期のロマン主義思想、神秘主義、オカルト、、フランスの世紀末思想、耽美主義、退廃、古典主義などがある。

ゴスロリの精神論を語るゴシック・ロリータ好きは少なくないですが、ファッション、文化を精神を語る事と、物質よりも精神的なものを重視する精神論では意味が違うように思います。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。