ゴシック ロリータ服

ゴシック・ロリータの特徴を最も分かりやすく表しているのが、ファッションのような気がします。

そのファッション感覚が、ゴシック・ロリータ中核となっているのではないしょうか。このファッションを簡単に言うと、大人の少女服のロリータ・ファッションにゴシック文学等の精神面が注目されることが多いゴシック・ファッションを取り入れた今の日本の象徴的な少女趣味のひとつかと思います。

精神面でのバックボーンはロリィタ的な少女趣味の他に、18世紀ロココのゴシック趣味、19世紀ヴィクトリア朝期のロマン主義思想、神秘主義、オカルト、、フランスの世紀末思想、耽美主義、退廃、古典主義などがある。

ゴスロリの精神論を語るゴシック・ロリータ好きは少なくないですが、ファッション、文化を精神を語る事と、物質よりも精神的なものを重視する精神論では意味が違うように思います。

ファッションとしてのバックボーンは1980年代頃のナゴムレコードのナゴムギャルとトランスレーベルのトランスギャルの影響が挙げられることが多いかと。

よくピンクハウスとの関連性(装飾過剰)等も挙げられることがありますが、ブランドの趣旨との違いから似ているようで同じようで違うと感じる人が多いようです。

「ゴスロリ」のゴスはゴシックの略称とされているが、ゴシック・ファッションの人々を指す言葉でもありそうです。

ロリータと言うとオタクなんて言葉も関連してきそうですが、ゴスロリはロリータだけでは完成しないものなので、全く「別物」と言っていいのではないでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。